【Google Workspace】Business Standard の特徴とオススメする企業を解説!

  • Business Standard では何ができるの?
  • Business Starter や Business Plus との違いは何?
  • Business Standard はどんな企業にオススメなの?

Business Standard は Google Workspace Business の真ん中のプランで、Google Workspace の導入を考えるときに必ず検討されるプランです。

しかしプランの比較記事はたくさんありますが Business Standard に絞った解説記事は少ないため、上記の疑問を解決できないことがあります。

僕は Google Workspace の導入支援をしているので、Business Standard の導入支援やプラン説明を多くのお客様にしてきました。

この記事ではその経験を基に、Busines Sutandard の特徴やどんな企業にオススメかを紹介します。

この記事を読めば Business Standard が自社に適しているかわかります。

Google Workspace の Business Standard について知りたい人はぜひ最後まで読んでください。

Google Workspace の無料相談フォームはこちら

Business Standard は Google Workspace Buisiness の真ん中のプラン

Business Standard は¥1360/人で2TB/人の大容量を使える、Google Workspace Buisiness の真ん中のプランです。

Gmail や Google カレンダー、Google ドライブ などの基本的なアプリが全て使えるのはもちろん、Google Workspace 全体から情報を検索できる Cloud Search も使えます。

他にも下位プランの Business Starter では使えない共有ドライブや Google ドライブ のログ検索もできるので、Google ドライブ を活用したい場合には最適なプランになります。

Google Workspace Buisiness の3つのプランの比較表は以下の通りです。

機能Business
Starter
Business
Standard
Business
Plus
月額料金¥680/人¥680/人¥2,040/人
ストレージ容量30GB/人2TB/人
組織で共有可能
5TB/人
組織で共有可能
Gmail
ドライブ
共有ドライブ利用不可
Meet
録画不可
カレンダー
Chat
スプレッドシート
ドキュメント
スライド
Cloud Search×
Vault××
ログ監視
ドライブのログ監視不可
エンドポイント管理
詳細な管理は不可

詳細な管理は不可
Google Workspace Business のプラン比較表

各プランの違いは以下の記事で解説しています。

Business Standard のメリット

2TB/人の大容量ストレージ

2TB/人の大容量ストレージを利用できます。この容量は組織で共用できるので、例えば10ID契約すると組織全体で20TBを利用できます。

必要であれば利用できるストレージ容量の上限を設定できるので、特定の誰かがストレージ容量を使いすぎてしまうのを防げます。

Googleアプリは一通り使える

真ん中のプランですが、Google アプリは一通り使えます。下位プランの Business Starter では使えなかった、Google Workspace 全体から情報を検索できる Cloud Search も使えます。

また Google Meet の録画機能や Google ドキュメント の承認機能など、各アプリで Business Standard 以上でしか使えない機能もあります。

管理コンソールが使える

管理コンソールが使えるので、組織のアカウント管理やアプリの権限設定を一括で行えます。

アカウントの不正利用時にアカウントを停止したり、利用端末にパスワードを必須にしたりセキュリティ機能も使えます。

管理コンソールについては下記の記事で詳しく解説しています。

管理コンソール画面の画像
管理コンソールの画面

共有ドライブが使える

ファイルサーバーのような使い方ができる共有ドライブが使えるので、組織でデータを共有したり管理したりしやすくなります。

共有ドライブのおかげで Google ドライブ 内のデータが個人に依存することがなくなり、異動や退職があっても権限を設定しなおす必要がなくなります。

共有ドライブに関しては、以下の記事を参考にしてください。

Google ドライブ のログ検索ができる

誰がいつどんなファイルでどんな操作をしたかを、管理コンソールで確認できます。

組織内のデータが適切に管理されているかどうかや、従業員が退職するときにその人がデータの持ち出しをしていないかを確認できます。

ともや
ともや

先日お客様から「昨日まで共有ドライブにあったデータがなくなってる」と問い合わせを受けましたが、この Google ドライブ のログ検索のおかげでそのデータを探し出すことができました。

Googleドライブのログ検索の画像
Google ドライブ のログ検索画面。日付や誰がどんなファイルでどんな操作をしたか確認できます。

Google Workspace のアップデート対象になりやすい

Google Workspace は日々多くのアップデートをされていますが、そのアップデート対象はBusiness Standard 以上が条件のことが多いです。

Google Workspace のアップデート頻度は毎日のように行われているので、Business Standard であればその恩恵を受けることができます。

ともや
ともや

最近ではスプレッドシートのタイムラインビュー機能が Business Standard 以上で利用できるようになりました。

参考:【Google スプレッドシート】タイムラインビューの特徴と使い方を解説!【工程管理】

Google Meet の録画機能が使える

Google Meet で録画機能を使えるので、後から会議内容を見返したり、会議に参加できなかった人に会議情報を共有するのに便利です。

録画データは Google Meet 主催者のマイドライブに自動で保存されます。

Business Standard のデメリット

Google Vault が使えない

データ保持と電子情報開示を行える Google Vault が利用できません。

Google Vault があれば組織で不祥事や情報漏洩が起こったときの万が一に備えることができるので、Google Workspace をより安心して使いたい場合は Business Plus をオススメします。

Google Vault に関しては以下の記事を参考にしてください。

ともや
ともや

2024年1月から始まる電子帳簿保存法に Google Workspace で対応するには、Google Vault が必要になります。

詳細なエンドポイント管理ができない

Google Workspace にログインできる端末を承認制にしたり、ログインする端末のロック画面にパスワードの設定を必須にしたりといった、詳細なエンドポイント管理が利用できません。

Google Workspace をスマホから利用することが多い場合は、Business Standard のエンドポイント管理では物足りなくなる可能性があります。

ともや
ともや

ただし二段階認証やログイン端末に画面ロックの必須化、ログイン端末のブロックなどは Business Standard でも利用できます。

Business Standard をオススメする企業

Business Standard は Google Workspace を利用したいあらゆる企業にオススメですが、特にオススメなのは下記のような企業です。

コミュニケーションツールからデータ共有まで Google Workspace の機能を一通り使いたい企業

Business Standard は Business Starter と違い、共有ドライブや Google ドライブ のログ検索など、コミュニケーションツールだけではなく Google ドライブ の機能も充実しています。

データ容量も2TB/IDと多いので、Google Workspace の機能を一通り使いこなしていきたい企業におススメです。

ともや
ともや

企業規模によっては組織内のITツールは Google Workspace Business Standard だけに一本化も可能です。

セキュリティ機能は必要最低限で十分な企業

Google Vault や詳細なエンドポイント管理など、高度なセキュリティ機能は必要ない企業におススメです。

セキュリティは費用をかけようと思えばどこまででもかけれてしまうので、必要最低限に抑えることも必要になります。

ともや
ともや

実際に僕が Google Workspace の導入支援をしたお客様の8割が、Business Standard を契約されています。

IT担当者が不在で Google Workspace の管理に時間をかけられない企業

企業規模によってはIT担当者が不在だったり、事務員がIT担当者を兼任していたりします。

その場合は、Google Workspace を導入しても設定や管理に時間をかけることが難しいです。

Business Standard であれば Google Vault や詳細なエンドポイント管理がなく、その分設定する項目が少ないので、Google Workspace の運用にかかる負担が少ないです。

ともや
ともや

僕が Google Workspace の導入支援をさせていただくお客様も、経理や事務員がIT担当者を兼任していることがほとんどです。Google Workspace の設定項目が少ないのはそれだけでメリットになります。

Business Standard を導入して Google Workspace を最大限に活用しよう

以上で Google Workspace Business Standard の特徴とオススメする企業の紹介を終わります。

Business Standard は Google アプリも一通り使え、2TB/人の大容量ストレージや共有ドライブ、Googleドライブのログ検索など、Google Workspace を活用するのに必要な機能は全て揃っています。

企業規模によっては組織で使うITツールを Google Workspace に一本化することも可能です。

ぜひBusiness Standard を導入して、Google Workspace の機能を最大限に活用してみてください。

※当ブログでは Google Workspace に関する質問を受け付けております。「Google Workspace でこんなことできる?」「自社と同じ業種ではどんな活用事例がある?」など、なんでもご相談ください。

\Google Workspace 導入支援者が回答!/

Google Workspace の無料相談フォームはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です