Google Workspace Enterprise Standard とは?機能や適している企業を解説!

Google Workspace には契約できるライセンス数に制限がなく、高度なセキュリティ機能が使える Enterprise Standard プランがあります。

しかし Enterprise Standard について詳しく書かれたサイトは少ないため、どんなプランか理解するのが難しいです。

僕は Google Workspace の導入支援者として各プランの違いについて多くのお客様から相談を受けるので、Enterprise Standard の機能やメリットを熟知しています。

この記事では僕の経験を基に、Enterprise Standard の機能と適している企業を解説します。

この記事を読めば Enterprise Standard のメリットからデメリットまで分かります。

Enterprise Standard がどんなプランなのか、自社に適しているのか知りたい人はぜひ最後まで読んでみてください。

Google Workspace の無料相談フォームはこちら

Google Workspace Enterprise Standard は高度なセキュリティ機能が使えるプラン

Google Workspace Enterprise Standard は高度なセキュリティ機能が使える、Google Workspace 最上位プランの1つです。

Business プランの機能に加えて、機密情報の漏洩を防止できるDLPや各 Google アプリへのアクセス制御ができるコンテキストアウェアアクセスなど、高度なセキュリティ機能が利用できます。

契約できるライセンス数に制限もないため、小規模から大規模まで全ての企業規模で契約可能です。

ともや
ともや

Enterprise standard の料金は公表されていません。Google や Google Workspace の代理店に問い合わせが必要です。

なお Business プランは300ライセンスまで契約できる、Google Workspace の小規模から中規模向け企業のプランです。

Business プランについて知りたい人は、以下の記事を参考にしてください。

Google Workspace Enterprise Standard の機能とメリット

契約できるライセンス数に制限がない

Business プランでは契約できるライセンス数の上限が300と決まっていますが、Enterprise Standard には上限がありません。

上限のせいで全従業員にライセンスを割り当てられなかったり、従業員の増加によってプランを変更したりする必要がありません。

また上限だけではなく下限もないため、小規模から大規模まで全ての企業規模で契約可能です。

Business Plus の機能は全て使える

Gmail や Google ドライブなどの基本的なアプリだけではなく、Google Vault や詳細なエンドポイント管理などの Business Plus の機能は全て使えます。

さらに DLP やコンテキストアウェアアクセスが利用できるため、Enterprise Standard は Business Plus の完全な上位プランです。

なお Business Plus は Business プランの最上位プランです。Business Plus について詳しく知りたい人は以下の記事を参考にしてください。

DLPで機密データの漏洩を防止できる

DLPは指定した条件に合致したデータの外部共有を自動でブロックできるので、機密データの漏洩を防止できます。

条件は「社外秘」や「機密」などの任意の単語や、マイナンバーやクレジットカード番号などの個人情報から選択可能です。

DLPを設定する前から共有されているデータの外部共有も切断してくれるので、DLP を設定する前から Google ドライブを利用している場合でも安心です。

なお DLP は Google ドライブのデータだけではなく、Google チャットの本文やアップロードされたファイルにも適用可能です。

コンテキストアウェアアクセスでアクセス制御できる

コンテキストアウェアアクセスを設定すると、アクセスしている状況に応じて Google アプリへのアクセス制御が可能です。

Google ドライブへのアクセスを社内ネットワークに限定したり、会社所有端末でないと Gmail にアクセスできなくさせたりできます。

コンテキストアウェアアクセスで設定できる条件は以下の5種類です。

  • IPサブネット
  • 場所(国)
  • デバイス
  • デバイスのOS
  • アクセスレベル

これらの条件は組み合わせることもできるので、「社内ネットワークかつ会社所有端末」を条件にすることも可能です。

社外ネットワークからのGoogle ドライブへのアクセスを制限した場合

セキュリティセンターでセキュリティ情報を管理できる

セキュリティセンターで Google Workspace のセキュリティ情報を一元管理できます。

セキュリティセンターで使える機能は以下の3つです。

  • ダッシュボード・・・セキュリティ関連の情報をグラフで確認できます
  • 調査ツール・・・Google Workspace のログ確認とログに応じた操作ができます
  • セキュリティの状況・・・セキュリティ関連の設定をまとめて確認し、必要に応じて変更できます

ダッシュボードとセキュリティの状況で Google Workspace のセキュリティを見張りつつ、調査ツールでセキュリティリスクに対処可能です。

セキュリティセンターのダッシュボード画面

Google Workspace Enterprise Standard のデメリット

上記のように便利な Enterprise standard ですが、デメリットもあります。

基本的な Google アプリを使うだけなら Business プランで十分

Enterprise Standard は Gmail や Google ドライブ、Google カレンダーなどの基本的な Google アプリは全て使えますが、それらは Business プランでも使えます。

基本的な Google アプリを使いたいだけなら Enterprise Standard は必要ありません。

Google Workspace のセキュリティレベルをどこまで高めたいかによって、Business プランか Enterprise Standard かを判断してください。

Google Workspace の設定や運用の負担が大きい

Enterprise Standard には機密情報の漏洩防止ができる DLP や、アクセス制御のコンテキストアウェアアクセスなど、高度なセキュリティ機能があります。

それらは設定方法が難しいため、設定したり運用したりする管理者の負担が大きいです。

管理者の人が負担をどこまで許容できるか検討したうえで、Enterprise Standard を利用する必要があります。

ともや
ともや

Enterprise Standard を利用しているのに、機能を十分に活用できていないお客様は非常に多いです。その場合は自分たちで調べるのではなく、Google Workspace の代理店が用意している講習会の活用をオススメします。

Google Workspace Enterprise Standard が適している企業

Enterprise Standard が適している企業は従業員数の多い企業や、Business プランよりもセキュリティレベルを高めたい企業です。

従業員数が300人を超える企業

Business プランはライセンス数の上限が300と決まっていますが、Enterprise Standard は上限がありません。

そのため必要なライセンス数が300を超える企業には Enterprise standard が適しています。

ともや
ともや

最低ライセンス数もないので、セキュリティレベルを高めるために300人以下の従業員数でも契約している企業もあります。

Google ドライブのセキュリティを高めたい企業

Enterprise Standard は DLP で機密情報の漏洩を防止できるので、Google ドライブや Google チャットのセキュリティを高めたい企業に適しています。

機密情報の漏洩を運用で防ごうとしても、ヒューマンエラーによる漏洩を完全に防ぐのは難しいです。

DLP を設定すれば万が一機密情報を外部と共有しようとしても自動でブロックしてくれるので、Google ドライブを安全に利用できます。

アクセス制御をしたい企業

Enterprise Standard はコンテキストアウェアアクセスで各 Google アプリへのアクセス制御ができるので、Google Workspace を安全に利用したい企業に適しています。

コンテキストアウェアアクセスではネットワーク制限だけではなく端末や場所も条件にできるので、柔軟なアクセス制御が可能です。

テレワークの実施や営業活動など、従業員が社外でも業務をする企業には特にオススメです。

ともや
ともや

僕の経験上、Enterprise Standard を導入される企業の多くがアクセス制御を目的としています。別のサービスを契約しなくても、Google Workspace だけでアクセス制御が完結するのは大きなメリットです。

Google Workspace Enterprise Standard でセキュアな業務環境を実現させよう

以上で Google Workspace Enterprise Standard の機能や適している企業の解説を終わります。

Enterprise Standard は Business プランのセキュリティレベルをより高めたプランです。

機密情報の漏洩防止やアクセス制御など、Google Workspace を安全に利用したい企業に最適なプランです。

ぜひ Google Workspace Enterprise Standard でセキュアな業務環境を実現させてください。

※当ブログではGoogle Workspaceに関する質問を受け付けております。「Google Workspaceでこんなことできる?」「自社と同じ業種ではどんな活用事例がある?」など、なんでもご相談ください。

\Google Workspace 導入支援者が回答!/

Google Workspace の無料相談フォームはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です